Home > Flash > Progression3 CommandのinitObjectでネストされたmcのプロパティを設定

Progression3 CommandのinitObjectでネストされたmcのプロパティを設定

Progression3のCommandのinitObjectの使い方でメモ。

よくやるパターン AddChild

addCommand(
	new AddChild( container , mc , { child : { alpha : 0 } });
)

上記の方法でChild時にmcのalphaを0に設定できる。

↓こんな風にProp書かなくていいので少しだけ楽に。

addCommand(
	new Prop( mc, { alpha : 0 } ),
	new AddChild( container , mc);
)

DoTweener時にもよく使ってる。

addCommand(
	new DoTweener( mc , { x : 0, time:1 }, { target : { x : mc.x + 100 } } )
);

この便利なCommandのinitObjectですが、ネストされたmcの初期値も設定できる!

addCommand(
	new AddChild( container , parent_mc , { child : { child_mc : { alpha : 0 } } });
)

おぉ、これは便利だー

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://blog.atama-switch.net/wp-trackback.php?p=90
Listed below are links to weblogs that reference
Progression3 CommandのinitObjectでネストされたmcのプロパティを設定 from BLOG atama-switch

Home > Flash > Progression3 CommandのinitObjectでネストされたmcのプロパティを設定

Search
Feeds
Meta
Link
写真素材 ストックフォトの定額制ペイレスイメージズ

Return to page top