Home

BLOG atama-switch

習作 UI 02

Flash IDE CS4のプロパティパネルがすごい便利になってた。
マウス操作だけで値を変えられるの便利!ってことで作ってみた。

This movie requires Flash Player 9

Progression4 Tweenコマンドジェネレータの UIをこれに換える予定っす。

Progression4 Tweenコマンドジェネレータ

Progression4のDoTweenerのアタリをつける為のツールがあったら便利かもーということで、
前のエントリーの習作UIでこんなの作りました。

Progression4 Tweenコマンドジェネレータ
ごにょごにょパラメータいじってアタリがついたら表示テキストをコピーしてasファイルにペーストするってツールです。
左パネルに表示されるコマンドリストはドラッグ&ドロップで並び替えできます。

FlashIDEで利用できる様にmxpファイル作成してみました。
Progression4 Tweenコマンドジェネレータ mxpファイル

インストール後、FashIDEのツールバーから
[ウィンドウ]-[その他のパネル]-[Progression Tweenコマンドジェネレータ]
を選択すると表示されます。

パラメータをDBなりSharedObjectなんなりで保存できる様にしたいな〜

追記:2010/02/10
ちょこっと修正したので以前にダウンロードされた方がおりましたら入れ替えて下さいませ。

習作 UI

BIT-101 の MinimalComps や nagggさんのParameterController と離婚とかを参考に自分も勉強かねて作ってみた。

This movie requires Flash Player 9

こういうの地力アップにイイ。

Progression4 の SceneEvent.SCENE_QUERY_CHANGE イベントを使ってみる

Progression4で SceneEvent.SCENE_QUERY_CHANGE を使ってみた。
以下サンプル。

// atSceneInit
protected override function atSceneInit():void
{
	manager.current.sceneInfo.addEventListener( SceneEvent.SCENE_QUERY_CHANGE, onSceneQueryEvent );
 
	addCommand(
		”atSceneInit”,
		new Goto(new SceneId("/index", { v : 1 })),
		1,
		new Goto(new SceneId("/index", { v : 2 })),
		1,
		new Goto(new SceneId("/index/hoge"))
	);
}
 
// atSceneGoto
protected override function atSceneGoto():void {
	manager.current.sceneInfo.removeEventListener( SceneEvent.SCENE_QUERY_CHANGE, onSceneQueryEvent );
	addCommand(
		”atSceneGoto”
	);
}
 
// onSceneQueryEvent
private function onSceneQueryEvent ( e:SceneEvent ):void
{
	trace("onSceneQueryEvent : " + manager.current.sceneInfo.query.v);
}

これを実行して、期待してた動作は

trace: atSceneInit
onSceneQueryEvent : 1
onSceneQueryEvent : 2
trace: atSceneGoto

だったのですが、実際は

trace: atSceneInit
onSceneQueryEvent : 1
onSceneQueryEvent : 2
onSceneQueryEvent : undefined
trace: atSceneGoto

atSceneGoto で removeEventListener される前に、なぜか3度目のonSceneQueryEvent が呼び出される。
う〜む。3度目は余計なのでとりあえず onSceneQueryEvent を下記に書き換えて利用してる。

private function onSceneQueryEvent ( e:SceneEvent ):void
{
	if(manager.current.sceneInfo.query.v != undefined) {
		trace("onSceneQueryEvent : " + manager.current.sceneInfo.query.v);
	}
}

どうやら、sceneInfo.query の値って別Sceneへの移動時に破棄されているみたい。
それで、破棄するときにも SceneEvent.SCENE_QUERY_CHANGE イベントが発行されてるのかな・・??

破棄されているので子シーンから親シーンの query は参照できない。

// 子シーンで、これで参照できると思ってハマった・・・orz
trace(manager.current.parent.sceneInfo.query.v);
// 結果 undefined

子シーンから親シーンのsceneInfo.query 値を利用するならパブリックな変数に代入しておかないとダメですね。

Progression4 Command 第三引数 initObject

Progression 4.0.1 Public Beta 1.1試してみました。

Progression4では下記の書き方はできなくなってる。メモメモ。

addCommand(
	new AddChild( container , mc , { child : { alpha : 0 } });
);
addCommand(
	new DoTweener( mc , { x : 0, time:1 }, { target : { x : mc.x + 100 } } )
);

Home

Search
Feeds
Meta
Link
写真素材 ストックフォトの定額制ペイレスイメージズ

Return to page top